彼に言われてショックすぎる一言!『脇汚くない?』


ムダ毛処理による失敗を経験したことは、ありますか? 私は、彼に「脇汚くない?」と言われて、半袖を着ないようにしていた時期がありました。   ただでさえ毛深いのに、除毛の失敗まで指摘されたんじゃ、たまったものじゃありません。 そこで今回は、失敗談をもとに、自宅で効果的に除毛できる方法を紹介します。   underarm3    

 いつも綺麗でいたい脇

脇って意外と男性から見られていることを、御存知でしょうか? 特に夏に半袖を来て、電車の中でつり革を持っている時なんて、相当見られているようです。   しかし脇の処理って頻繁に行なう必要があるし、本当に面倒ですよね~。 毛深いのであれば、特に頻繁な処理が必要になります。   その為、脇は完璧に処理をして、常に綺麗にしておきたいものです。    

脇汚くない?

脇の除毛忘れなんてありえない!と考えていた私は、毛抜きにより頻繁に脱毛しいていました。 カミソリの場合スムーズに処理を終える事ができますが、またすぐに生えてくるし、剃り残しが気になることもあります。   その点、毛抜きであれば、毛根から抜くことができて、次に毛が生えてくるまでの時間もかかるし、プツプツすることも無くて、非常に便利だと思いませんか?   実は毛抜きは、肌を傷めるだけでは無く、脇まで汚く見せてしまうのです。 さすがに彼に、「脇汚くない?」なんて言われて日には、恥ずかしくてたまりませんよね。。。    

毛抜きの脱毛メリット・デメリット

毛抜きによる脱毛のメリットは、毛根部から脱毛することができることにより、毛の生えてくるサイクルを遅らすことができます。 頻繁に除毛しなくても、いつも毛が無い状態ということになりますね。 毛深い人であれば、毛の生えるサイクルが遅くなるなんて、こんなに嬉しいことは無いはずです!   しかし実は毛抜きによる除毛は、デメリットの方が多いのが現状です。   まず無理矢理引っこ抜くので、毛穴が広がります。 その引き抜かれた後の毛穴は、盛り上がってデコボコしてしまいます。 たまに血が出る事もありますね。   他には、毛穴の開いた部分に細菌が入り、炎症を起こすことや、切れ毛、埋没毛の原因にもなります。   また、部位によっては、脱毛時間があまりにかかりすぎます。    

毛穴トラブルを防ぎたい

毛抜きによる脱毛方法は、デメリットの方が多いと知っても、やめられない人は多いはずです。 そこで、トラブルを防げる方法を紹介します。   まず脱毛をするときは、お風呂やホットタオルにより、脇を温めてから行ないます。 すると毛穴も開いて、皮膚へのダメージを軽減して、抜くことができます。   次に脱毛後は、しっかりと保湿をしましょう。 しっかりと保湿をして乾燥を防ぐことで、目に見えない肌のひび割れを防ぎ、細菌の侵入を防ぐことができます。 他には、肌の再生スピードが速まるのです。   脱毛後は、そのダメージから熱をもった状態になります。 そこで開いた毛穴を閉めるためにも、肌を冷やしてあげます。 こうすることで、毛穴の盛り上がりも防ぐことができます。   この脱毛後のスキンケアを行なわなければ、脇が汚いと言われてもおかしくない様な環境を作ってしまうことになるのです。    

最後に

毛深い人で、毛がすぐに生えてくる人は、藁にも縋る思いで、脱毛を選びますよね。 しかし毛が太ければ太い程、抜くときの痛みも感じるはず! ということは、肌に与えるダメージも、その分大きいということです。   毛抜きによる脱毛方法は、決して悪いものではありませんし、とても便利な脱毛方法です。 その為、失敗をしない方法を身につけて、上手な脱毛を行ないましょう。
サブコンテンツ

このページの先頭へ