しってますか?夏に脱毛をしてはいけない理由


夏ももうすぐ終わってしまいますね。

みなさま今年の夏はツルツルのわきで満喫できましたでしょうか。

脱毛といえば夏!と思われがちですが、最も脱毛に向かない季節が、なんと夏なのです。

今回は、その理由をご紹介します。

 

47

 

 

脱毛で最も気をつけることは、紫外線

エステなどで脱毛をする際は必ず注意事項として説明されますが、脱毛で最も気をつけることは、紫外線なのです。

 

これは、光やレーザーで脱毛する原理が関係しています。

  • 光やレーザーは、黒い色に反応する。
  • 脱毛後は、肌が敏感になっている。

一つ目については脱毛の原理そのものです。光やレーザーは毛根の黒色に反応し、ダメージを与えます。

日焼けによって肌が黒くなってしまうと、肌に反応してしまいます。

 

そのため、光やレーザーの出力を十分に上げることができず、結果として十分な脱毛効果を得ることはできません

 

脱毛後の肌に紫外線は厳禁!

脱毛後の肌は、軽いヤケドをしているような状態になります。(海で日焼けしたような感じです。)

この状態で紫外線を受けると、色素沈着や炎症などのトラブルを引き起こすことになってしまいます。

 

施術後は十分に冷却してもらえますが、その日は激しい運動などはさけ、お風呂もシャワーだけにしてくださいと言われますからね。(^^;

 

夏の脱毛はなかなか難しい

夏は必然的に薄着になりますし、どうしても紫外線を受けやすくなります。

脱毛したい季節なのに、脱毛には適さないという悩ましい季節なんですね。

 

夏をツルツルで乗り切るベストな作戦

やはり夏はツルツルのわきで自分に自信を持って過ごしたいものですよね!

そこで、私がおすすめする夏の乗り切り方をご紹介します。

  • 脱毛開始は秋にする
  • 5月までに3習慣周期で8回の施術を目指す
  • 6月頭に9回目の施術を受け、6-8月をやり過ごす。

10回ほど施術を受けておくと、3ヶ月程度はツルツルのわきをキープできます。

最後の1ヶ月は処理が必要ですが、太い毛にはなりにくく、カミソリでなぞる程度で処理できます(^^

 

これは、私が毎年実施している作戦です。この作戦で、どうどうと吊り革を持つことができています。

悩んでいる方は、ぜひためしてみてください!

 

 

⇒初めてのわき脱毛におすすめの脱毛エステはこちら

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ